Today is 2018-11-17 Saturday,Welcome to this site 

業界動態

上場会社の半年報ハイライト解読:不動産業界の回復の勢いを明らかに

Word:[Big][Middle][Small] Mobile page qrcode 2016/4/19     Viewed:    

今年上半期、蛇口上場不動産会社の業績の成長が安定して、一部地域性不動企業実績好パフォーマンス。全体から見れば、分譲住宅の販売面積はマイナスが外れ、開発投資額が増えて、保留中の住宅面積の2ヶ月連続で大幅に減少し、不動産業界の政策のサポート明らかに回復の勢い


注目の上場不動産会社上半期の業績に密集発表期予報。花と顺(80.110、0 . 00、0.00%)の統計データによると、今の時点で、すでに68上場房企披露2015年中期業績予報を実現し、業績プリ喜の24社を占めて、表現を35.29%より、少し劣るは昨年同期のレベル。


地域性房企業績が目を引く


具体的に見ると、中期業績プリ喜の24上場房企で増益見通しじゅうななじゅうしち家、黒字転換ご家、続満ちると略增各いち家。また、じゅうななじゅうしち上場の不動産会社首の損失は、じゅういち家減益見通し、きゅう、く家続損失は、ななしち家略減。そのうち、純利益は同最高の増幅は蘇寧環球(12.04、0 . 00、0.00%)、最大変動幅を612.48%。発表によると、同社の純利益の増加の主な理由は、リードタイムとして、会社の営業収入は、前年同期比を実現決済を大幅に増加。ま た、業績は同さんの会社も倍以上の上昇をご家で、それぞれ同达創業(27.95、0 . 00、0.00%)、深振业A(12.74、0 . 00、0.00%)、深く不動A(10.24、0 . 00、0.00%)、城を投げホールディングス(14.06、0 . 00、0.00%)と銀潤投資(10、0 . 00)、0.00%。業績が大幅に伸びた原因以外の主な業務収入増加に加えて、他の要因。まるでは創業利益の大幅な増加は、回収してある医薬生物技術会社の債権項、城を投げホールディングスは、売却の持つ部分西部証券(28.80、0 . 00、0.00%)と光大銀行(5.16、0 . 00、0.00%株利益)で。


比べて見て、蛇口上場不動産会社の業績の安定成長。保利産(10.50、0 . 00、0.00%)が先ごろ報じ業績が速いので、不動産プロジェクト竣工と決済面積が増え、報告期間内の会社の営業収入25%増、前年同期に比べてより高い利益総額39.45%、営業の総収入の増加。会社は今年ろく月の販売面積や販売額が実現した55.3%の61 . 3%と大幅に増え、増加率はご月は大幅に向上して創出史上最高値。


大型房企以外のほか、一部地域性不動企業実績好パフォーマンス。すでに発表して業績で半年予告の地域の房企中、純利益の最大の会社は荣盛発展(10.30、0 . 00、0.00%)、予想最高上限13.81億元に達し。調査によると、荣盛発展河北省廊坊市、中都市に注力商品住宅の開発。近年、会社純益を高いレベルで。国泰君安(28.41、0 . 00、0.00%)李品科証券研究員は「会社は京津冀の共同発展の核心利益蛇口の一つで、現在廊坊市とその週辺の数万ムーの土地整理が開発して、会社の業績がしっかりして、安定成長。」


業界が徐々に回復態勢


今年以来、不動産業界に回復し、特に2四半期以来、部分の都市の温度が明らかに。国家統計局は先日発表したデータによると、今年のいち月からろく月、全国の不動産開発投資は約4兆元の4 . 6%増、;分譲住宅の販売面積5.03億平方メートル、3 . 9 %増、不動産開発企業される資金5.89兆元(前年比0 . 1%。統計データによると、今年ろく月、不動産開発92.63景気指数は、前月に比べ0 . 2ポイントアップ。


国家統計局の広報担当者盛報道官にこのほど、「不動産政策の支持のもとで回復の勢い火を見るより明らか、分譲住宅の販売面積はマイナス本採用。不動産開発投資額は上半期に伸び、月間から変化状況から見ると、第2四半期6態勢がアップする。


Go Back
Print
オンライン
Hot Line:
021-5437-9352

携帯を開け駅

[Upward]