Today is 2018-11-17 Saturday,Welcome to this site 

業界動態

個人住宅を外国人に貸す場合の四つの注意

Word:[Big][Middle][Small] Mobile page qrcode 2016/6/26     Viewed:    


いち、家賃に外国人に住んでいて、まずこだわり場所。CBD地区、都心、海河両岸はにぎやかだが、外国人の下宿には、特に家族の外国人にとって、彼らの首位は環境、国際学校、子供が活動の場所、静かなど、甚だしきに至ってはわざと離れ仕事場所。外来人口に相当のは独身で、選択は仕事場に近い場所が必要なく、にぎやか、個人を作る必要はないものも暖房、主に借りを低級。
に、 近くに工事施工の外国人、日夜、肯定できない;不動産管理サービスの不十分な、施設がそろった(例えば外国語のテレビチャンネル、韓国語番組など)も物件 販売所の販売人員はしきりに交換;外国人と合わない安全ではない、彼達の習慣が、他のに対して性の強い要求も、例えば韓国人選好エレベーターでもない、毎 日出かけ購買;最上階受けにくくて妨害、1階の景観がいいなど、それぞれの顧客の必要はない。また、間取りでは、二三の家屋の外国人の優先。
さん、特に外国人の顧客、内装が特に重要だ。分 析によると、主要な要求が以下の何時:簡潔に明快で、個性が強くないといい、実用機能で初めて、面積は重要ではない、台所の衛書斎などははっきり区別する なるべく隔離、レイアウトが合理的で、キッチンにベランダできない重要でない限り、内装材ブランド環境保護といい、台所の衛は一番、配管取り付けが寝返 る、ぬれ一浴(日本お客様の浴槽があってなければならない)、タオルの場所に明るく、トイレ、密封仲仲、コンロの4つの急性結膜炎、換気扇やて多くの電 話、テレビ、コンピュータインターフェース……
よんしよ、もしサービスは良くないが、自国を投資減損。で一貫サービスができる投資リターンの方が利益。オンデマンド、別料金、迅速にお客様の問題を有効に解決し、合理的な賠償補償。大家をなっては、お金を掛けて、これは経営、家のすべてはもう商品。ある内容を明記すべき契約。

 


 

Go Back
Print
オンライン
Hot Line:
021-5437-9352

携帯を開け駅

[Upward]